「岩手県」で人気のレンタルドレス
「岩手県」で人気のレンタルドレス

【岩手県の結婚式】おすすめお呼ばれドレスやドレスショップ、レンタルショップをご紹介!


岩手県の結婚式に招待された方に向けて、岩手県の結婚式におすすめのお呼ばれドレスを会場別・年代別にご紹介!会場の雰囲気によってドレス選びは異なるので、是非参考にしてみて下さいね。また、岩手県ならではのドレス選びのポイントや購入場所、ドレスレンタル情報、結婚式事情の情報も。

【会場別】岩手県の結婚式でおすすめお呼ばれドレス

会場が違えば似合うドレスも違うもの。ぜひ会場の雰囲気に合わせてドレスを選んでみて下さい♪

【ホテル】【専門式場】【ゲストハウス】【レストラン】【ガーデン】【神社/お寺】【教会】の順におすすめドレスと選び方をご紹介します。


 

【ホテルウェディング】

◆おすすめお呼ばれドレス

【M】スカラップレースロングドレス(グリーン)

【M】レース切替プリーツドレス(ネイビー)

【M】Vネックスカラップレースドレス(ピンク)

【M】総レース7分袖ミディ丈ウエストゴムドレス(ブルー)

◆ホテルウェディングお呼ばれドレスの選び方

昔からある結婚式のスタイルでありながら、いまだに根強い人気を誇るホテルウェディング。一流ホテルの名前をあげれば、年配者や目上のゲストには特に安心感があります。ホテルウェディングでは、なんといっても高級ホテルならではのホスピタリティー溢れる一流のサービスが受けられて、非日常感を味わえるのも人気のポイントです。

ホテルウェディングはどの会場も収容人数が多いので、年配者や仕事関係のゲストも多く出席する傾向にあります。そのためゲストの服装は誰から見ても好感度の高いしっかりとしたフォーマルドレスのマナーを守って選ぶのが◎。肩や脚・胸元や背中の露出は控えて、単色無地のドレスを選びましょう。

リッツカールトンやグランドハイアットなど豪華で高級感のある外資系ホテルは、友人ゲストなら上品なカラードレスがおすすめ。豪華な雰囲気に見劣りしないようなドレスで花を添えましょう。また、おしゃれな会場も多いので、シックでクラシカルなブラックドレスを華やかに着こなすのもGOOD。

帝国ホテルやホテルオークラ、椿山荘など日本の格式あるホテルでは、派手な装飾よりも上質な素材で高級感や重厚感を演出できるドレスがおすすめ。

星野リゾートなどの高級リゾートホテルでは、海や森林の自然にマッチするような会場の雰囲気に合わせたドレスカラーを選んでみるのも◎。少々派手なカラーでも露出を抑えた単色無地のドレスなら大丈夫です。

◆岩手県で人気のホテル会場

「ベリーノホテル一関」

〒021-0051 岩手県一関市山目三反田179

「盛岡グランドホテル」

〒020-8501 岩手県盛岡市愛宕下1-10

「ホテルメトロポリタン盛岡 ニューウィング」

〒020-0033 岩手県盛岡市盛岡駅前北通2-27


 

【専門式場】

◆おすすめお呼ばれドレス

【M~L】サテン×ウエストリボンドレス(ネイビー)

【M】レース切替7分袖ミモレ丈ドレス(Lグレー)

【M/L】総レースロングドレス(ボルドー)

【M】バックリボンドットチュールドレス(ベージュ)

◆専門式場お呼ばれドレスの選び方

結婚式に特化されて作られた、結婚式専門の施設が専門式場。チャペルや神殿、披露宴・パーティー会場、ゲストのための更衣室や美容室・ゲストルームなど、結婚式に必要なすべてがそろっています。また、結婚式専門なので、結婚式のトレンドにもいち早く対応してくれることから、トレンドを取り入れながらも正統派の結婚式をしたいカップルに人気です。

専門式場で行われる結婚式に招待されたゲストは、肩や脚・胸元や背中の露出を抑えた上品なカラーのドレスを選びましょう。ドレスコードはセミフォーマル(準礼装)にあたります。生地は無地で、できれば単色が好ましいですが、同系色やシンプルな差し色なら2色使いのドレスも現代では許容範囲です。

専門式場は一つの式場に複数の雰囲気の会場がある場合もあり、海外リゾート風や和風、ヨーロッパ風と様々。事前にどんな雰囲気か調べてドレスを決めるのも◎。また、演出やインテリアに季節感を重視する新郎新婦も多いので、ドレスのカラーや素材に季節感を出すと会場の雰囲気にマッチします。春夏は明るいカラーに透け感のある軽い素材、秋冬はこっくりと深みのあるカラーに重厚感のある生地など、季節感も楽しんでみて下さい。

◆岩手県で人気の専門式場

「マリアージュ」

〒029-0803 岩手県一関市千厩町千厩石堂26-5

Bellevie Lovina Terrace

〒020-0866 岩手県盛岡市本宮6丁目8-22

「ロイヤルパークカワサキ」

〒028-0041 岩手県久慈市長内町第27地割27-1


 

【ゲストハウスウェディング】

◆おすすめお呼ばれドレス

【M】スカラップレースロングドレス(ブラック)

【M】レース切替プリーツドレス(イエロー)

【M】ワイドパンツドレス(ベージュ)

【M】袖レースロングドレス(ボルドー)

◆ゲストハウスウェディングお呼ばれドレスの選び方

邸宅を貸し切って行われるゲストハウスウェディングは、プライベート感たっぷりで2000年代から人気が出た結婚式のスタイルです。友人のゲストが多く招かれる傾向にあり、アットホームな雰囲気でお祝いすることが出来ます。ゲストハウスウェディングに招待されたゲストのドレスは、基本的には一般的にイメージされる結婚式のお呼ばれドレス(セミフォーマル/準礼装)と同じことがほとんど。肩や脚の露出を避けた無地のドレスを選びましょう。単色がよりフォーマルですが、同系色やシンプルな差し色なら2色使いも◎。友人ゲストが多くトレンド感のある会場なので、流行を取り入れたスタイルも似合います。

ゲストハウスは、ヨーロッパの邸宅のような建物など絵になる場所も多く写真映えします。たくさん写真を撮ることになるので、是非顔映りや血色がよくなるカラーを選ぶのがおすすめです。中にはガーデンやプールがあるところもあるので、自然に溶け込むような爽やかなカラーもGOOD。様々なイメージの邸宅があるので、招待状をもらったら事前にどんな雰囲気か調べて、会場のイメージに合わせて選ぶのも良いです。

ゲストハウスウェディングは、装飾や演出など自由度が高く、こだわりあるおしゃれな新郎新婦が選ぶ会場でもあります。そんな新郎新婦にお呼ばれされた場合は、トレンド感のあるパンツスタイルのドレスや、クラシカルでおしゃれなブラックドレスもおすすめです。

◆岩手県で人気のゲストハウス

「ノートルダム盛岡」

〒020-0866 岩手県盛岡市本宮3丁目50-31

「リサージュ ラヴィモア」

〒020-0866 岩手県盛岡市本宮5丁目7-5

ensoleille

〒020-0004 岩手県盛岡市山岸2-5-15


 

【レストランウェディング】

◆おすすめお呼ばれドレス

【M】ケープスリーブロング丈ドレス(サックス)

【M】バルーンスリーブAラインドレス(カーキ)

【M/L】総レースロングドレス(ブラック)

【S/M】レース切替ミモレ丈タイトドレス(ネイビー)

◆レストランウェディングお呼ばれドレスの選び方

レストランウェディングの特徴は、家族や親しい友人のみで行われるアットホームな結婚式。新郎新婦と参加者で、こだわりのおいしい食事と会話を楽しむカジュアルなウェディングスタイルは近年とても人気です。テラスがあるレストランもあり、開放的な雰囲気を楽しめる場合も。

レストランウェディングにお呼ばれされた時の服装は、会場になるレストランによっても異なりますが、通常の結婚式よりも少しカジュアルに考えてOK。ミシュランに掲載されるようなレストランや高級感のあるレストランの場合、インフォーマルやスマートエレガンスの「略礼装」を意識した服装にしましょう。過度な露出を避けたきれいめワンピースやトレンドのパンツドレスもおすすめです。会場のHPでドレスコードをチェックするのも◎。

ややカジュアルなレストランの場合は、ノースリーブや膝が見える丈のスカート、フォーマルではNGなプリント柄もOK。いつもよりワンランク上のおしゃれを楽しんだ服装でお祝いの気持ちを表現しましょう。

招待状のドレスコードが「平服」だった場合…普段着で行くのはNGです。平服は普段着とは異なり「略礼装」の意味で、「礼装でなくても良い」という意味。上品なきれいめワンピースを選びましょう。

◆岩手県で人気のレストラン会場

「ブランニューキタカミ」

〒024-0061 岩手県北上市大通り1丁目10-1

Dream-Wall 盛岡」

〒020-0021 岩手県盛岡市中央通1丁目11-21マルビル1


 

【ガーデンウェディング】

◆おすすめお呼ばれドレス

【M】総レース7分袖ミディ丈ウエストゴムドレス(イエロー)

【M】レース切替7分袖ミモレ丈ドレス(ピンク)

【M】フレアスリーブオールインワンドレス(カーキ)

【M】ドットチュールハイウエストドレス(サックス)

◆ガーデンウェディングお呼ばれドレスの選び方

緑や紅葉がきれいな春から初夏・秋に人気のガーデンウェディング。海外の結婚式のような開放感が味わえます。キャンドルやランタンが美しいナイトガーデンも近年人気が高まっています。

そんなガーデンウェディングにお呼ばれされた時の服装ですが、ドレスコードが「平服」や「略礼装」となっている場合が多く、通常の結婚式より少しカジュアルでもOK。露出過多にならないきれいめのワンピースや、トレンドのパンツドレスもおすすめです。日焼け対策に肘より長い袖のドレスを選ぶ方も多いです。ガーデンウェディングでは、花嫁のウェディングドレスのスカート丈は長くしない傾向があるので、ゲストもあまり長すぎないミモレ丈から膝下丈がおすすめ。カラーは自然に溶け込むような明るいカラーが喜ばれます。自然のナチュラルなイメージから、花嫁が敢えて純白を避けてアイボリーのウェディングドレスを選ぶ場合も。ゲストはアイボリーや明るいベージュなどは避ける配慮があると◎。

結婚式ではパンプスのヒールは細めが良いですが、ガーデンウェディングでは芝生を傷めてしまったりウッドデッキに挟まってしまったりするので、ヒールは少し太めを選ぶと良いでしょう。秋のガーデンは時間帯によっては肌寒い時も。そんな時はジャケットが防寒対策にもなりおすすめです。

◆岩手県で人気のガーデン会場

「ララシャンスベルアミー 盛岡」

〒020-0866 岩手県盛岡市本宮5丁目16-7

LISERJU Ravimore」

〒020-0866 岩手県盛岡市本宮5丁目7-5

「ザ・ジャポナイズ  LISERJU」

〒024-0072 岩手県北上市北鬼柳15地割5


 

【神社/お寺】

◆おすすめお呼ばれドレス

【S/L】Vネックウエストベルトドレス(ブルー)

【M/L】袖レースロングドレス(ネイビー)

【M】メッシュレース配色ドレス(ブラック)

【M】チュールベア切替袖付きドレス(ベージュ)

◆神社/お寺の神前式お呼ばれドレスの選び方

神社やお寺で行われる神前式・仏前式は、日本の伝統的な結婚式のスタイル。厳かで美しい和の雰囲気に合うような、上品で控えめなドレスを選べば間違いありません。最近は友人などのゲストも神前式に参加できるようになりましたが、元々は家族と親族のみが中心。神社やお寺の和装の結婚式では、親族も和装が多くフォーマル度が高くなります。ゲストのお呼ばれドレスもそれに合わせて、単色無地で露出を抑えた袖ありのミモレ丈ドレスが◎。色味は、上品なネイビーやブルー・ベージュ・派手過ぎないくすみカラーがおすすめです。最近は少なくなりましたが、正座をする場面がある場合も。タイトなスカートは正座がしにくく、スカートが腿まで上がってしまう可能性がありますので避けた方が無難です。

神社ならではですが、ヒールは太めのパンプスを選びましょう。神社では「参進」という、神職と巫女、新郎新婦と親族からゲストまで全員で神殿に向かう儀式があります。そんな厳かなシーンでヒールが歩くたびに音を立ててしまっては台無しです。また、砂利道が多いので、ピンヒールでは歩きにくい場合もあります。

また、神社やお寺は結婚式場に比べて外との隔たりも少なく、冷暖房などの空調がそれほど完全ではないので、冬はジャケットの羽織で寒さ対策をしたり、靴を脱ぐシーンが多いので足元が冷えないようにストッキングを2枚重ねたり、防寒対策すると良いでしょう。

◆岩手県で人気の神社・お寺

「中尊寺」

〒029-4102 岩手県西磐井郡平泉町平泉衣関202

「毛越寺」

〒029-4102 岩手県西磐井郡平泉町平泉字大沢58


 

【教会】

◆おすすめお呼ばれドレス

【M】配色パイピングプリーツドレス(サックス)

【M/L】袖レース七分袖ロングドレス(ブラウン)

【M】フラワーレースロングドレス(ネイビー)

【M/L】サテンスカラレースドレス(ピンク)

◆教会挙式お呼ばれドレスの選び方

教会での結婚式にお呼ばれされた場合、カトリック式かプロテスタント式かで少し服装も異なります。

歴史を重んじるカトリック式は、新郎新婦のどちらかが信者でないと結婚式を挙げることがでません。花嫁のドレスは露出を抑えたドレスを選ぶので、もちろんゲストも露出は厳禁です。袖ありドレスでも短めの袖は避けた方が◎。七分袖以上でスカート丈が長いドレスや、しっかり肌を隠せるジャケットコーデがおすすめです。内装は豪華で、バージンロードは赤や緑が多いのも特徴。豪華な雰囲気に合うような、落ち着いたカラーの上質な生地のドレスを選びましょう。

比較的新しいプロテスタント式は、信者でなくても教会で結婚式をあげられます。カトリックよりもルールが緩いので、結婚式場などのチャペルはプロテスタント式です。プロテスタント式の結婚式では過度な露出を控えれば大丈夫。内装はシンプルでバージンロードは白が多いので、ゲストが差し込む光に映えるような上品なカラードレスを着るのも◎。教会のシンプルでナチュラルなイメージに合わせて、花嫁がオフホワイトやアイボリーのウェディングドレスを選ぶ場合も。似たような色のベージュのお呼ばれドレスは避けるのもあり。

◆岩手県で人気の教会

「盛岡ハリストス正教会」

〒020-0114 岩手県盛岡市高松1丁目2-14

「カトリック一関教会」

〒021-0884 岩手県一関市大手町7-5

「カトリック水沢教会」

〒023-0863 岩手県奥州市水沢川端191-1

【年代別】岩手県の結婚式でおすすめお呼ばれドレス

トレンドを意識しながらも、年齢や立場に合ったドレスを見てけてみて下さい♪

【20代】【30代】【40代】【50代】の順でご紹介します。


 

【 20代 】

【M】総レースVネックドレス(グリーン)

【M】メッシュレース配色ドレス(ブルー)

【M】総レース5分袖ロングドレス(ピンク)

【M/L】シャンブレータフタ刺繍フィット&フレアドレス(ボルドー)

【 30代 】

【M~L】サテン×ウエストリボンドレス(オレンジ)

【M】ワイドパンツドレス(ブルー)

【M】ビッグカーラーワンピース(ブラック)

【M】スカラップレースロングドレス(ピンク)

【 40代 】

【L】袖レースロングドレス(ベージュ)

【M/L】サテンスカラレースドレス(ネイビー)

【M】フレアスリーブオールインワンドレス(カーキ)

【M/L】レース7分袖タイトドレス(グリーン)

【 50代 】

【M】レース切替フレアスリーブドレス(ブラック)

【M】スタンドネックプリーツミモレ丈ドレス(ネイビー)

【M/L】フレア袖プリーツドレス(グリーン)

【M/L】丈長めジョーゼットレースアップドレス(ブルー)

【岩手県】お呼ばれドレスショップ

岩手県でお呼ばれドレスが購入できるショップをご紹介します♪


 

M.Y.A.G」

〒020-0034 岩手県盛岡市盛岡駅前通1-44盛岡フェザン本館1F

「ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング」

〒020-0034 岩手県盛岡市盛岡駅前通1-44盛岡フェザン本館2F

VIS」

〒020-0034 岩手県盛岡市盛岡駅前通1-44盛岡フェザン本館2F

実際にお店でお呼ばれドレスを見ると、どれもかわいくてワクワクしますよね!でも…慌てて購入するのは待って!

意外とドレスは着回しがききません。トレンドも自分の年齢・立場・好み・体型も変わっていくのに、今購入したドレスが5年先でも着られるでしょうか…?

共通の友人の結婚式なら尚更、毎回同じドレスを着ていると思われるのも気になるもの。とは言え、毎回ドレスを新調して、それに似合う小物まで購入するとかなりの出費になります。また、ドレスやパーティー小物は、クリーニングや保管も気を使います。

現代なら、賢くお得に「お呼ばれドレスはレンタルする!」という手もありますよ!

【岩手県】お呼ばれドレスレンタルショップ

岩手県でお呼ばれドレスがレンタルできるショップをご紹介します♪


 

「アップタウンブライダル盛岡店」

〒020-0812 岩手県盛岡市川目15-132-6

ドレスレンタルなら、リーズナブルに毎回違うドレスが着られるのが嬉しいポイント!しかし、近くに店舗がなかったり、忙しくてなかなか店舗に行くことが難しい方も…。そんな方にはネットレンタルがおすすめ!

【岩手県】おすすめネットレンタルショップ

24時間全国どこからでも、最新のトレンドドレスはもちろん定番ドレスや親族ドレスなど、年齢や立場に合ったドレスをリーズナブルにレンタルできるネットショップをご紹介します♪


 

Dress Park」 https://www.dresspark.jp/

DressParkなら、トレンドドレスが4,900円、全身コーディネートされたドレスセットなら7,900円でレンタル可能!サイズが不安な方でも安心のSサイズ~6Lサイズまで取り揃えています。めんどくさいクリーニングも不要!着たら翌日そのまま返送するだけ。

◆岩手県でDressParkをご利用されたお客様の感想

2023.1.9
満足度
(5点)
ご利用のドレス 【M/L】総レースロングドレス(ボルドー)DPSET0427
【M/L】総レースロングドレス(ボルドー)DPSET0427
【M/L】総レースロングドレス(ボルドー)DPSET0427
ウェストがゴムでゆったりしていて楽でした。
成人式のアフターパーティーだったので着物で苦しかった後で、尚更でした。

【岩手県】県民性と気候から見るお呼ばれドレス

◆岩手県ってどんなところ?

岩手県は自然豊かな景色や歴史的な観光地、美味しい食べ物などで知られています。県内には多彩な観光スポットがあります。盛岡市は岩手県の中心都市で、中尊寺や盛岡城址公園など歴史的な名所があります。中でも中尊寺は日本三名園の一つで、美しい庭園や歴史的な建築物があります。自然も豊かで、岩手山や八幡平などの山々、渓谷、そして海岸線などがあります。岩手山は日本百名山に選ばれており、登山や自然散策を楽しむことができます。岩手県は自然と文化が豊かな地域で、多くの観光客が訪れる人気のある場所です。

 

◆岩手県女性が好むドレスの傾向

非常に真面目な性格の人が多い岩手県ですが、豪雪地区でもあり、冬の間は家の中で読書をしたり絵をかいたりする事が多いことから、宮沢賢治や石川啄木などの作家や芸術家を多く輩出している芸術性に富んだ県でもある。派手さはないが、シンプルでナチュラルなものを好む岩手県の女性には、派手な装飾よりも上質な生地のシンプルなドレスや、ベージュやペールグリーンなどナチュラルなアースカラーのドレスがおすすめです。

 

◆岩手県の気候に合ったドレスは?

東北地方の太平洋側に位置する岩手県。緯度の高い地域なので、寒冷な傾向があります。春の結婚式シーズンが始まる3月ですが、岩手県はまだ冬と言っても良いくらいの寒い日が続くことも。岩手県は2月から3月にかけてが雪のピーク。3月の結婚式では、ドレスに合わせた温かいインナーやジャケットでしっかり防寒対策をするのがおすすめ。5月からは暖かい日も増えてきて過ごしやすい日が多いです。岩手県の春は一年の中でも一番晴れる日が多く、日照時間も長いので、お呼ばれドレスも明るいカラーで軽やかな素材のドレスがおすすめです。7月8月は雨が多いので、夏の結婚式のお呼ばれには丈が長過ぎないドレスが安心です。また、やませの影響で冷夏になることも多く、サッと羽織れるショールがあると◎。秋は結婚式シーズンですが、岩手県では寒くなるのも早く10月には霜が下りて、11月には初雪が降ります。10月以降のお呼ばれには、長袖のドレスや厚手の生地のドレスがおすすめ。防寒対策にはジャケットがあると安心です。